we live in a beautiful world

Beautifulife主催 永井沙織のblog

9.30.2010

SARA chef

SARAシェフのホームパーティーに行きました

               (前菜の写真 byサラちゃん)

☆サラシェフの低糖質フルコース☆

- 前菜 -
トマトとアボカドのカクテル
トマトとモッツレラチーズのカプレーゼ バジルソース
ホタテとナスのミルフィーユ仕立て ジェノベソース
海老とアボカドのワンスープ

- ニ皿目 -
焼きナスと牛肉 アボカドのゼリー寄せ しそ風味

- 三皿目 -
自家製ツナのニース風サラダ

 - メインディッシュ -
骨付きもも肉とキノコのクリーム煮

- デザート -
コーヒーづくしのパフェ

- おつまみ -
アーモンド

- ワイン -
オーガニック白ワイン


サラちゃんは糖尿病医師の旦那様と低糖質食を研究。
低糖質食は糖尿病や肥満の治療食として注目されている食事法で
健康な人が食べても肥満予防で健康増進になるそうです。

こんな素敵なフルコース料理でも糖質はおにぎりの半分!
びっくり!

何よりも本当に美味しくて美味しくて
サラちゃんが独身で私が男だったら今日プロポーズしてた!
サラちゃんの凄腕と気持ちがこもったフルコースは感動でした。

私も、病気を抱え食事制限をして苦しむ人を見ているから
病気の方がこんなにおいしい料理を食べられたらとってもハッピーになれると思う。
病気に苦しむ人やダイエットに悩む人、そして健康な人にも、
病気や悩みを改善し何より美味しくてハッピーな食を提供するサラシェフはきっとたくさんの人の幸せを作る。




「食」
人に良いという由来を持つ。
苦しみながら食事をするのではなく、
身体にもそして心にもハッピーでいることが、本当の健康だと思う。

何を食べるか
どんな人と食べるか
どんな時間を過ごすか。
身体にもそして心にもハッピーな食とライフを続けたいですね☆



happy birthdayサラちゃん
たくさんのハッピーのある年になりますよぅに☆
love, saori

9.26.2010

ヨガフェスタ

9/24-26はパシフィコ横浜で日本最大のヨガイベント、ヨガフェスタ


様々なタイプのヨガを体験できて自分に合うヨガを見つける場として
日本で活躍する80名の先生が3日間で99ものレッスンを行ない
いろいろなブースやショーイベントもあり
数万人が訪れるヨガのお祭り的

ヨガ仲間達といくつかレッスンを受けてきました♪


今は流派もたくさんありいろいろなヨガや先生がいるけれど
自分に合うそして尊敬できる先生に出逢うのって運命級

私は10年前にLAでヨガにそして尊敬する師に出逢い
ヨガが私のライフに入っていきました

コンビニよりもヨガスタジオがたくさんありヨガが生活の中に自然にあるLAやNYには素敵なスタジオや素敵な先生がたくさんいました
日本もこれから普通の生活そして様々なシーンにすーっと自然にヨガがあるような環境になればいいな

またいろいろとヨガのことお伝えしていきますね




もぅ空気が秋ですね








秋になると旅に出たくなります

life is a journey that must be travelled

                                                                    

    photo taken in kyoto


9.23.2010

Life Goes On

台風12号の中、またサーフトリップに行きました



夏が過ぎ去って行く前に海にたくさん入っていたくて
今週2回目のサーフトリップ・・


明け方に見た海はまるでアートの様にきれいでした


海・舟・空・雲のグレーとクリームのグラデーション


大雨が降ったり。強風が吹いたり。波が大荒れしたり。突然晴れたり。
そんな中どんな中でも抵抗すること無く自然の中で思いきり遊んできました

どんな波でも波の上にいると海と一体化する感覚がする









波乗りの後は海の真上にある海の見える温泉
温泉に癒されながら海や波を感じれるのは至福の時



大雨の中ドライブして探検にでかけました

岩の階段を下りると洞窟が・・・

海や水の音と空気に包まれてヨガ




洞窟の岩の先には真っ青な海が広がっていました
写真は撮れなかったけれど白い光の先には真っ青の海


嵐の直後の神秘的な空気に包まれた洞窟の奥に広がる海
とっても綺麗でした




Life Goes On

「人生は何があっても先に進んでいく。波も雪も私達の都合とは全く関係無く母なる大地の都合で、予想不可能なスケジュールでやってくる。波は自分の気持ち次第でどこにいても見つけられるものだが、実はどんな時でも目の前にあるものなのだ。海にあるとは限らず、山にあるかもしれないし、自分の心の中には必ず常に存在しているのだ。グライドを感じて自分の精神を大きな空で自由に羽ばたかせてあげようではないか。」
 
サーフィン界の神様と呼ばれ世界で最も敬愛され40年以上のヨガ歴も誇る Gerry Lopez の言葉




遠くにいる家族と、退院したばかりの大切な仲間Sちゃんに
大好きな海を

9.20.2010

Surf to Surf Tomorrow



サーフトリップに行きました

年に何度も行く大好きな南伊豆
波はdouble over knee (笑)
大野仙雅プロと一緒の波に乗り
いつもはロングだけど、FISHデビュー
体がふにゃふにゃになるまで海と遊びました





海や雲や風はもう秋にむかっていました

毎週のように海に入り
地球とふれ合い原点に返る
地球のサイクルそしてその一部であることを感じ
その偉大さに抵抗することなく全てをゆだね LET GO する


海と共に過ごすライフ
いつも大切なことを教えてくれるのは
海や自然や周りにいる大切な人達な気がします

いつもありがとう♡







夜はビーチで花火大会


夏ももぅ過ぎていきますね






Surf to surf tomorrow, never surf like there's no tomorrow
by gerry lopez



9.15.2010

j'aime Paris

今日は資生堂でお仕事
パリのメゾンとパリコレクションのコーディネーションをしています

ヨガの合間に、ファッション、イベント・展示会通訳のお仕事もさせてもらっています


大好きなパリ


世界一周を旅している途中、足を痛め、歩く事さえもドクターストップ
(本当は帰国命令が出ていました、でも旅を続けたくて・・・)
パリで休養し住む様にのんびりと過ごしていた時もありました

その後も人生の節目に何度かパリに行くことがあったり
なんだか特別な場所

パリとお仕事しながら人生の節目を想い返してました

みんなのそんな場所はどんなところかな?



雨の夜は大好きなパリの写真を少し





















































                                                                                               
今日は会えない遠くにいるひとたちへ

               photo taken in Paris

9.11.2010

September 11

9年前の9月11日
私はニューヨークにいました。




忙しいファッションウィークの真っ最中。疲れ果て寝ていた朝に電話が鳴り、日本の母からだった。日本でニュース速報を見た母が、NYにいる私の安否を心配し、その電話で初めてあの日の事件の始まりを知った。


外に出ると、ワールドトレードセンターのツインタワーの1棟が倒れた直後で、まだ攻撃されていないもう1棟と、そして炎と煙がマンハッタンの空へと広がっていた。言葉も出ない光景が目の前に広がり、ただその場に唖然と立ち恐怖のあまり足がすくんでいた。
大通りへ出ると、ものすごい数の人が北へ北へと1方向へ逃げている光景はとても異様で怖かった。街中が煙と灰にまみれ、叫ぶ人や泣く人、マンハッタン中がパニックで、私は友人と無言でただただ一緒にいることしかできなかった。


電話も繋がらず、何日も誰とも連絡を取ることすらできず、恐ろしい現実の中、ただただひと時も友人と離れず一緒にいることで精一杯だった。何日も経っても、街中が煙にまみれ灰が街中に舞い、街が封鎖され、NYPDとNYFDそして悲しむ人や戦おうとする人が街中にあふれていた。どの公園でも道端でも、悲しみそして恐怖心をシェアする様に人々は集い、キャンドルを灯し輪になっていた。


その頃私はロサンゼルスに住んでいて、ニューヨークには出張で滞在していて、9月11日の便でLAに戻る予定だった。
NYCは封鎖され、その後1週間以上マンハッタンから1歩も出ることもできず、みんなのいる自分のホーム、LAに戻る事はできなかった。ただただ恐怖のあまりそして現実に目にしている光景に、私もそしてひと時も離れずに共に過ごした友人も、言葉数は少なく、ただただ寄り添う様にそして心の傷を癒し合うかの様にずっと側にいた。
あまりにも壮絶な日々に心の感覚も麻痺していた。


LAに戻る飛行機に乗るときは本当に怖かった。たった6時間のフライトだけれど、あんなに死の恐怖を恐れながら時間を過ごしたのは初めてだった。それでも私は自分のホーム、みんながいるLAに帰る必要があった。飛行機の上から見下ろしたマンハッタンは、事件から何日も経っていたのにまだ真っ黒い煙が立ちこめマンハッタン中を包み、その現実を後にする私は心が潰れそうだった。
LAに戻ってからも心が麻痺したまま何日も何日も過ごした。心への衝撃がずっと消えないまま、何を思うのか、どんな言葉にするのか、何も分からず、何もできず、何日も何日も過ごした。


その後、1年間ニューヨークに住むこともあったり、ファッションショーやファッションウィークの度にNYへは出張で行っていた。
でもグランドゼロを訪れることはなかった。
きっとできなかったのです。


数年後、日本から訪れた母の希望で、足がすくむような思いだったがその跡地へと一歩踏み出した。
心も頭もあの頃の記憶がよみがえる様に悲しみと恐怖でいっぱいになり、何も言葉にできず、話すこともしたくなく、そっと1人WTC跡地に立ち、ただただ涙がぽろぽろと溢れ出て止まらなかった。
悲しみの涙。
紛争、戦争、、、多くは語れないけれど、
人が争い傷つけ合い憎しみ合い苦しみ悲しむ光景は、とても悲しかった。




ヨガの教えに「アヒムサ」とあります。
「非暴力」という意味で、人を傷つけないということ。
それは体もそして心も傷つけないということ。
動物もこの世にあるもの全てを傷つけない。
そして自分を傷つけることもしない。


戦争や紛争、様々な問題。たったひとつしかない地球をシェアしその平和を想うこと。
紛争や政治を思い語るだけでなく、自分の周りにある環境、日々の生活の中にいるたくさんの人、何も傷つけること無く生きていたいと思います。
アヒムサ、誰の体も心も傷つけない。今ここにあるライフからしていたいと思う。
巡り会える人すべてに思いやりを持って生きていたいですね。




9年前にそしてその後も今も苦しみ悲しみを背負った多くの人々に平和が訪れますように☆

9.03.2010

RonHermanパーティー

今日は Ron Herman の1周年パーティーに行きました


私がまだNYとLAでブランドの立ち上げをしていた頃からのお付き合い
LAのショップの空気がそのまま原宿に移されていて大好きなショップ
(カリフォルニアでも業界でもカリスマ的なショップで、ヨギーやサーファーにもとってもおすすめ☆  原宿と二子玉川にあります)

長年いたファッション業界のいろいろな方々にも会いました

シャンパンも手伝ってそしてカリフォルニアの空気感に気分◎


ケータリングはおなじみの Transit General
占いブースもあっておもしろかった
初めてオーラを見てもらいました

「紫」でした

カリスマ的、夢相的、芸術的、革新的、直感的、官能的、理論派、先進的
だって

愛情たっぷりな先生やインストラクターが向いてる。って
(私のこと何も話してないのに・・)
よかった!笑

今は転機でいろいろな芸術に触れるといいとアドバイス
どこに行こうかなー

何かおすすめあれば教えてくださいね


9.01.2010

on the earth


ロサンゼルスからの友達たちと
シンガポールから帰国した大切な友達と
今宵もうちでテラスパーティーをしました

またたくさんの白ワインとやっぱりなぜかいつも恋愛トーク

こんなに広い地球で出逢えて
この広い地球のいろいろな場所で
何年経っても
一緒にいい時間今という瞬間をシェアできる
って、改めて考えるとすごい。
すごい確率の中、今ここにこの瞬間にいる繋がりに感謝です☆


次はプーケット島で待ってるょ♥ って。会いに行きたいな・・

        
              photo: 飛行機の中から見たアフリカの空